• トップ
  • 記事ページ
  • フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

更新日:2018年11月19日 14:56

バリ島

観光
フィリピン航空:ロゴ

2018年10月末にインドネシア人の知人から東京への航空券で一番安いのを探してと頼まれ、羽田便で29,800円という超破格のものをフィリピン航空で発見!また日本からマニラ経由でバリ島だと航路に無駄がない分、飛行時間も短い。そこで「フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた」2019年の春休みを利用した旅行を想定し、往路:2019年3月14日 / 復路:2019年3月18日の前後で調査(2018年11月17日時点)


▪️フィリピン航空でバリ島へ
・東京 (羽田) ~デンパサール便
・東京 (成田) ~デンパサール便
・名古屋 (中部) ~デンパサール便
・大阪 (関空) ~デンパサール便
・福岡~デンパサール便

※往復とも(30kgまでの受託無料手荷物・機内食込み)


▪️フルキャリアのバリ島便との比較
・東京 (羽田) ~デンパサール便 (シルクエア+シンガポール航空の方がお得?)
・東京 (成田) ~デンパサール便 (4万円代なら香港航空も魅力的?)
・名古屋 (中部) ~デンパサール便 (乗り継ぎの良い中国東方航空も魅力的?)
・大阪 (関空) ~デンパサール便 (直行便 ガルーダ インドネシア航空に軍配?)
・福岡~デンパサール便 (5万円代ならフィリピン航空で?)


やはり、フィリピン航空でバリ島へ行くなら「エコノミースーパーセーバー 往復5万円代」を狙うべき!さらに、別のフルキャリアでも以外に安いものもあるので、ダメ元でそちらも調べてみるべし。
 

フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察

・東京 (羽田) ~バリ島デンパサール便​​​​​​​


● 往復:92,480円なり


・往路
 3月14日 PR421 HND 15:20 - MNL 19:40
 トランジット1時間20分
 3月14日 PR537 MNL 21:00 - DPS 00:25+1


・復路
 3月19日 PR538 DPS 01:25 - MNL 05:10
 トランジット3時間45分
 3月19日 PR422 MNL 08:55 - HND 14:00


フィリピン航空の東京 (羽田) ~バリ島デンパサール便は、往路は午後一に羽田空港到着でも十分出発が間に合う時間帯で、マニラでの乗り継ぎは1時間20分なので快適。バリ島到着後はホテルで寝るだけとなる。復路は十分バリを満喫できる。バリ島発が深夜の出発となるため3月19日で調査。また乗り継ぎが3時間50分はまだ我慢の範囲?たまたま調査日は高いが、根気よく探せば、別の日程だが上記のフライトスケジュールで、エコノミースーパーセーバー往復:55,400円という航空券もある。


また、3月14日 ~ 18日のフルキャリアのシンガポール航空+シルクエア航空の羽田~デンパサール便だと、羽田空港を8時50分に出発し、チャンギ空港乗り継ぎは55分間(別の意味でキツイ?)で、19:10にバリ到着し、復路は10:30バリ発(シルクエア)で、チャンギ空港乗り継ぎは4時間20分で、羽田着は翌日01:00、47,410円なり。または、復路が13:00バリ発だと、乗り継ぎが1時間45分で、羽田着は翌日01:00、68,410円なり。


LCCのエアアジアだと3月14日 ~ 18日で、往復:約65,000円(バリューパック込み)


ん~、往復:55,400円のフィリピン航空が買えないのなら、フルキャリアのシルクエア+
シンガポール航空の47,410円~68,410円を選ぶべきか?悩むところです。




 

・東京 (成田) ~バリ島デンパサール便​​​​​​​


● 往復:約75,920円なり


・往路
 3月14日 PR427 NRT 13:15 - MNL 17:50
 トランジット3時間10分
 3月14日 PR537 MNL 21:00 - DPS 00:25+1


・復路
 3月19日 PR538 DPS 01:25 - MNL 05:10
 トランジット1時間50分
 3月19日 PR428 MNL 07:00 - NRT 12:15


フィリピン航空の成田 ~バリ島デンパサール便は、往路のマニラ乗り継ぎが3時間10分で十分許容範囲内。バリ島到着日はそのままホテルで寝るだけだが、復路は深夜発のため最終日はバリ島を十分楽しめる。復路の乗り継ぎも1時間50分と快適にお昼には成田空港着。エコノミースーパーセーバーで席が確保できればなおよし。


※3月14日 ~ 19日のフルキャリアのガルーダ航空の成田~デンパサール直行便が、89,950円なので、その差額の約14,000円をどう考えるかですね。食事もお酒もエンタテイメント付き、荷物も46kg積めますしね。フィリピン航空は30kg。


また、3月14日 ~ 19日のフルキャリアの香港航空の成田~デンパサール便だと、成田空港を9時5分に出発し、香港空港乗り継ぎは5時間50分(別の意味でキツイ?)で、深夜00:10にバリ到着し、復路は19日深夜01:30バリ発で十分にバリ島を満喫し、香港空港乗り継ぎは2時間45分で、成田着は翌日14:30なので、フィリピン航空より時間がかかるが、往復で49,670円なり。フィリピン航空よりも約26,000円も安いことになる。


ん~、直行便のガルーダ航空とは差額約14,000円。香港航空の方が約26,000円も安いのならフィリピン航空がエコノミースーパーセーバーで取れない限り、香港航空に軍配があがる。









 

・名古屋 (中部) ~バリ島デンパサール便​​​​​​​


● 往復:約59,580円なり


・往路
 3月13日 PR437 NGO 09:35 - MNL 13:00
 トランジット8時間
 3月13日 PR537 MNL 21:00 - DPS 00:25+1


・復路
 3月19日 PR538 DPS 01:25 - MNL 05:10
 トランジット約9時間
 3月19日 PR438 MNL 14:05 - NGO 18:55


フィリピン航空の名古屋(中部)~バリ島デンパサール便は、マニラ経由での乗り継ぎが、往路・復路共8~9時間と長く現実的ではないかもしれないが、入国してみて時間を潰す?フルキャリアで往復約59,580円の料金は魅力的?


LCCのエアアジアだと3月14日 ~ 18日で、往復:約62,899円(バリューパック込み)。復路の乗り継ぎわるし。


もし、中国東方航空だと名古屋(中部)を13時35分に出発し、上海乗り継ぎは2時間30分で、翌日になった00:30にバリ到着し、復路は01:30バリ発で最終日は十分に過ごせ、上海乗り継ぎ2時間、名古屋到着は12:35で、69,490円なり。


ん~、フルキャリアで約59,580円のフィリピン航空は価格的には魅力的?約1万円の差額を払い、往復の乗り継ぎも良い中国東方航空を選ぶべきか?悩むところです。







 

・大阪 (関空) ~デンパサール便


● 往復:約56,570円なり


・往路
 3月14日 PR407 KIX 09:55 - MNL 13:30
 トランジット約7時間30分
 3月14日 PR537 MNL 21:00 - DPS 00:25+1


・復路
 3月18日 PR538 DPS 01:25 - MNL 05:10
 トランジット約2時間5分
 3月18日 PR896 MNL 07:15 - TPE 09:25
 トランジット約1時間
 3月18日 PR 896 TPE 10:25 - KIX 14:05



フィリピン航空の大阪 (関空) ~バリ島デンパサール便は、往路はマニラでの乗り継ぎが約7時間30分なので、入国し市内のモールに食事にでても良いくらい時間がある。復路は乗り継ぎがトータルで約3時間5分で我慢の範囲だが、なんとマニラと台北で2回の乗り継ぎがあるのが難点。しかし私も経験したが、台北での乗り継ぎは同じ飛行機なので、一旦、手荷物を持ち降機してトランジット札をもらい1時間ほど待合室で待ち再度搭乗というもの。乗り継ぎ時間が短いので喫煙家にはある種良いフライとかもしれないですね。


※3月14日 ~ 19日のガルーダ航空の関空~デンパサール直行便が104,680円、3月13日 ~ 19日だと、なんと!51,780円なので、フルキャリアのガルーダ航空の方が安いという事実もありますので、要注意。無理してフィリピン航空に乗る必要はないかもしれません。








 

・福岡~デンパサール便


● 往復:約66,780円なり


・往路
 3月14日 PR425 FUK 15:15 - MNL 18:25
 トランジット約2時間35分
 3月14日 PR537 MNL 21:00 - DPS 00:25+1


・復路
 3月19日 PR538 DPS 01:25 - MNL 05:10
 トランジット約4時間35分
 3月19日 PR426 MNL 09:45 - FUK 14:15


フィリピン航空の福岡 ~ バリ島デンパサール便は、往路の乗り継ぎは約2時間35分で許容範囲。バリ島到着後はそのままホテルへチェックイン。復路は十分バリを満喫できる。バリ島発が深夜の出発となるため3月19日で調査。復路の乗り継ぎは約4時間35分とちょっと長いのが難点。往復ともエコノミースーパーセーバーで取れれば、フィリピン航空で。


また、中国東方航空だと福岡を14時30分に出発し、上海乗り継ぎは2時間45分で、翌日になった00:30にバリ到着するので、少しフィリピン航空よりも時間がかかる。復路は01:30バリ発で最終日は十分に過ごせ、上海乗り継ぎ約3時間、福岡到着は13:30で、フィリピン航空よりも早く着く。67,390円なり。


シンガポール航空だと福岡を9時45分に出発し、チャンギ乗り継ぎは50分(ある意味キツイ?)で、バリ到着は19:10。復路は21:45バリ発で最終日はまぁまぁ十分に過ごせ、チャンギ乗り継ぎ約1時間、福岡到着は08:20。67,210円なり。ん~、LCCのセブ パシフィック航空が6万円強。フルキャリアのフィリピン航空、中国東方航空、シンガポール航空との差額が約6,000円~7,000円前後なら、往復の乗り継ぎも良い、シンガポール航空か中国東方航空を選ぶべきか?悩むところです。フィリピン航空のエコノミースーパーセーバーが往復取れれば、フィリピン航空で決まりなんですが。





 
■ 基本情報
◎詳細・お問い合わせ◎
フィリピン航空
W:https://www.philippineairlines.com/ja-JP/jp/home
 

この記事に関連する記事

ニュース
ガルーダ インドネシア航空の名古屋(中部)~ ジャカルタ直行便が週4便就航!2019年3月24日(日)から

ガルーダ インドネシア航空の名古屋(中部)~ ジャカルタ直...


2019年3月24日(日)から名古屋(中部空港...

バリ島(デンパサール)便も名古屋(中部)~ ジャカルタ経由で実現可能!

観光

更新日:2018年11月21日 14:57

ニュース
ガルーダ インドネシア航空の「関西空港応援」キャンペーン 第二弾!2018年12月31日(月)まで!

ガルーダ インドネシア航空の「関西空港応援」キャンペーン ...


大阪(関西空港)発~バリ島の唯一の直行便のガルー...

ガルーダ インドネシア航空の「関西空港応援」キャンペーン 第二弾!

観光

更新日:2018年11月21日 14:57

観光
エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空...


2019年1月14日で残念ながら、エアアジアの...

エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトの考察

バリ島

更新日:2018年11月30日 14:14

観光
香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへのフライトを考察してみた

香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへの...


先日から日本からバリ島へのフライトを調査してい...

香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへのフライトを考察

バリ島

更新日:2018年11月22日 13:57

アピ・マガジン会員になると
コメント投稿ができます

無料の会員登録

忙しい人はSNSで
「アピ・マガジン」をチェック!

 
このサイトをスマホで見る