• トップ
  • 記事ページ
  • ガルーダ インドネシア航空の名古屋(中部)~ ジャカルタ直行便が週4便就航!2019年3月24日(日)から

ガルーダ インドネシア航空の名古屋(中部)~ ジャカルタ直行便が週4便就航!2019年3月24日(日)から

更新日:2018年11月21日 14:57

観光

ニュース
ガルーダ インドネシア航空:名古屋(中部)~ ジャカルタ直行便

2019年3月24日(日)から名古屋(中部空港)~ジャカルタ直行便が週4便就航。機材はビジネスとエコノミー2クラスのエアバス A330-200 / 300を使用。2019年はガルーダ インドネシア航空の設立70周年もあり、また、2018年8月に愛知県の大村秀章知事が、ジャカルタでブティ運輸大臣と面談し、名古屋(中部)~ジャカルタ線の早期就航を要請したこともあり、2019年3月末から実現予定。


▪️スケジュール:名古屋(中部)~ ジャカルタ
GA885 NGO 10:00 - CGK 15:00 (月・水・土・日)
GA884 CGK 22:15 - 07:25+1 (火・金・土・日)

 

バリ島(デンパサール)便も名古屋(中部)~ ジャカルタ経由で実現可能!

名古屋・中部地方のバリ島リピーターにも朗報です!


ということは、名古屋(中部)~ バリ島(デンパサール)便も、ジャカルタ経由とはなりますが実現可能となりますね。


▪️スケジュール:名古屋(中部)~ バリ島(デンパサール)
GA885 NGO 10:00 - CGK 15:00 (月・水・土・日)
乗り継ぎ 約2時間15分
GA426 CGK 17:15 - DPS 20:15

GA421 DPS 19:40 - CGK 20:45
乗り継ぎ 約1時間30分
GA884 CGK 22:15 - 07:25+1 (火・金・土・日)


ガルーダ インドネシア航空の名古屋~バリ島(デンパサール)便は、その昔、2012年3月25日で廃止となり、ちょうど7年間となり、長らく、中部地方のバリ島リピーターはシンガポール航空などでバリ島へ渡航していました。今回の名古屋(中部)~ ジャカルタ便就航で、ぜひ、名古屋~バリ島(デンパサール)便は、シンガポール航空に負けない料金を時間的に良い乗り継ぎスケジュールを出していただければ、名古屋(中部)からのバリ島への旅行者も増えるのではないでしょうか?また、途中で中止や延期とかでは無く、ぜひ、名古屋便も飛び続けてくれるのを期待したいものですね。

 
■ 基本情報
◎詳細・お問い合わせ◎
ガルーダ インドネシア航空
W:https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/index.page?
A:〒100-0005東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F
T:03-3240-6161(予約・発券課)
営:月~金(祝祭日等を除く)9:00~17:30(予約課)

この記事に関連する記事

観光
エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空...


2019年1月14日で残念ながら、エアアジアの...

エアアジアでバリ島へ!東京 (羽田)・札幌・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトの考察

バリ島

更新日:2018年11月30日 14:14

観光
香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへのフライトを考察してみた

香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへの...


先日から日本からバリ島へのフライトを調査してい...

香港航空でバリ島へ!成田・関空・沖縄~デンパサールへのフライトを考察

バリ島

更新日:2018年11月22日 13:57

観光
フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古...


2018年10月末にインドネシア人の知人から東...

フィリピン航空でバリ島へ!東京 (羽田)・(成田)・名古屋・関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察

バリ島

更新日:2018年11月19日 14:56

観光
セブ パシフィック航空でバリ島へ!関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察してみた

セブ パシフィック航空でバリ島へ!関空・福岡~デンパサー...


たまに関空への片道でお世話になるLCC(格安航...

セブ パシフィック航空でバリ島へ!関空・福岡~デンパサールへのフライトを考察

バリ島

更新日:2018年11月20日 17:23

アピ・マガジン会員になると
コメント投稿ができます

無料の会員登録

忙しい人はSNSで
「アピ・マガジン」をチェック!

 
このサイトをスマホで見る