バリ島の祝祭日(2019年)カレンダー

更新日:2019年01月09日 20:12

バリ島

ニュース
バリ島の祝祭日(2019年)カレンダー

バリ島の祝祭日(祝日・休日)2019年版

バリ島の祝日・休日は、インドネシアの全国民共通の祝祭日と各宗教関連の祝日があり、特にバリ島の90%以上を占めるヒンドゥー教徒の宗教関連のお休みは、ウク暦とサカ暦をもとにしたバリカレンダーにより毎年決められており、ニュピ、ガルンガン、クニンガン、オダラン(寺院の建立祭)、ウパチャラ(神事や儀式)、新月、満月、さらには縁起の良い日まで、バリカレンダーには掲載されています。またバリカレンダーは書店で購入することができます。



あなたがバリ島へ旅行される時期がどのようなバリ島の祝祭日にあたるのかを少し気にしてみましょう。バリヒンドゥー教の宗教上のお休みや新月や満月にあたれば、宗教と生活が一つになっているバリ人たちの姿を見ることができます。



時期(ガルンガンなど)によっては、お店やレストラン、銀行などが閉まる場合もありますし、特にニュピ(バリヒンズー教の新年)は「静寂の日」とも呼ばれ、外国人や観光客を含むバリ島全体が外出禁止となり、空港も閉鎖され交通機関全てがストップし、ホテルから外出もできませんが、アースデイならぬ、静寂の日をホテルでのんびり過ごすのも良い経験です。



バリヒンズー教(バリ人)にとって、バリ島全体でお祭りのない日はない「祭礼の島」であることがわかります。あなたの旅行の際にバリ島の祝日を意識することで、新たな体験ができるかもしれません。



ぜひ、バリ島旅行の計画にこのカレンダーをお役立てください。
 

バリ島の祝祭日(祝日・休日)2019年版

バリヒンズー教の重要なお休みはこんなにある!


バリ島の祝祭日(2019年度)カレンダー


● 2019年バリヒンズー教の祝祭日

・1月5日(土) クニンガン
ガルンガンの10日後で、神々や先祖の霊が天界に戻る日

・3月6日(水) オゴオゴ
悪霊払いの日
バリ島各地の村や町のバンジャール(共同体)で1~2ヶ月かけて製作した、悪魔や悪霊をイメージした、ねぶたのような大きなハリボテの人形をお神輿のように担ぎ、悪霊払いをする日。もちろん観光客も鑑賞することができます。

・3月7日(木) ニュピ
バリヒンズー教の新年で「静寂の日」
外国人や観光客を含むバリ島全体が夜明けからの24時間外出禁止となり、空港も閉鎖され交通機関全てがストップし、お店や観光地も全て閉まります。ホテルから外出もできませんので、1日のんびりとホテルで過ごすのも良いでしょう。特に人工的な光や音のない真っ暗な天空と星空は一見の価値ありです。

・5月11日(土) サラスワティ
芸術や学問などの知を司るヒンドゥー教の女神(日本では弁財天)に感謝する日

・5月15日(水) パゲルワシ
この世の全ての事象が安全に調和が保たれるように、神様や先祖にお祈りをする日

・7月23日(火) プナンバハン ガルンガン
ガルンガンの前日(準備をする日)
この日までに先祖の霊が降り立つ目印となるペンジョールと呼ばれる長い竹にヤシの葉を飾ったものを各家庭の入り口にたて、お供えとなる豚が用意されます。

・7月24日(水) ガルンガン
210日周期で巡るウク暦のお正月。日本でいうお盆にあたる日で、先祖の霊を迎える日。

・7月25日(木) マニスガルンガン
友人や親戚を訪ね、共にお祈りを捧げる日
このガルンガン前後の3日間は田舎に帰郷するバリ人も多いため、ウブドなどでは多くのお店やレストランがお休みになります。

・8月3日(土) クニンガン
ガルンガンの10日後で、神々や先祖の霊が天界に戻る日

・12月7日(土) サラスワティ
芸術や学問などの知を司るヒンドゥー教の女神(日本では弁財天)に感謝する日

・12月11日(水) パゲルワシ
この世の全ての事象が安全に調和が保たれるように、神様や先祖にお祈りをする日

 

2019年バリ島の新月と満月

バリヒンズー教にとって、新月と満月も宗教上のお祭りにとても重要ですので、ぜひこの2019年のバリ島の新月と満月も参考にしてください。


●2019年バリ島の新月と満月

1月6日(日) 新月
1月20日(日) 満月
2月4日(月) 新月
2月19日(火) 満月
3月6日(水) 新月
3月20日(水) 満月
4月4日(木) 新月
4月19日(金) 満月
5月4日(土) 新月
5月18日(土) 満月
6月2日(日) 新月
6月17日(月) 満月
7月2日(火) 新月
7月16日(火) 満月
7月31日(水) 新月
8月15日(木) 満月
8月30日(金) 新月
9月14日(土) 満月
9月28日(土) 新月
10月13日(日) 満月
10月28日(月) 新月
11月12日(火) 満月
11月26日(火) 新月
12月11日(水) 満月
12月26日(木) 新月

 

インドネシアとバリ島の祝祭日(祝日・休日)2019年を合わせてみると

インドネシアとバリ島の祝祭日を合わせてみると、バリ島の祝日にあまり関係がなさそうなイスラム教の断食明けの大祭(イドゥルフィトリ)ですが、実はこの時期、ジャカルタやスラバヤなどの大都市からもバリ島への国内旅行も大変多く、民族大移動で交通渋滞も予想されます。


● 2019年の「インドネシアとバリ島の祝祭日」について
※ 赤文字:バリヒンズー教 青文字:イスラム教 緑文字:キリスト教 紫文字:仏教

1月1日(火):新年
1月5日(土):クニンガン
2月5日(火):イムレック(中国暦2570年新年)
3月7日(木):ニュピ(サカ暦1941年新年)
4月3日(水):ムハマッド昇天祭
4月19日(金):キリスト受難日
5月1日(水):メーデー
5月11日(土) :サラスワティ
5月15日(水) パゲルワシ
5月19日(日):ワイサック(仏教大祭)
5月 30日(木):キリスト昇天祭
6月1日(土):パンチャシラの日(憲法記念日)
6月3日(月)~ 4日(火):政令指定休日
6月5日(水)~ 6日(木):イドゥル・フィトリ(1440年断食明け大祭)
6月7日(金):政令指定休日
7月23日(火):プナンバハン ガルンガン
7月24日(水):ガルンガン
7月25日(木):マニスガルンガン
8月3日(土):クニンガン

8月11日(日):イドゥル・アドハ1440年(メッカ巡礼最終日)
8月17日(土):インドネシア共和国独立記念日
9月 1日(日):イスラム暦1441年新年
11月9日(土):ムハマッド降誕祭
12月7日(土):サラスワティ
12月11日(水):パゲルワシ

12月24日(火):政令指定休日
12月25日(水):クリスマス

 
■ 基本情報
◎詳細・お問い合わせ◎
アピ・マガジン編集部
A :Jl. Kunti 117x, Seminyak, Badung, Bali
T :0361-730003
O:09:00 - 17:00
W:https://api-magazine.com
 

アピ・マガジン会員になると
コメント投稿ができます

無料の会員登録

忙しい人はSNSで
「アピ・マガジン」をチェック!

 
このサイトをスマホで見る